気がちっちゃくて優しいオスのニャンコのぺーちゃんとやんちゃな弟ニャンコのモンちゃんの日々のお話しです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぺーがいない!!
2008年11月29日 (土) 00:35 | 編集 |
昨日の朝の事でした。
思い返すたびに心臓がキューーッと痛くなります。

夫は毎朝5時半近くに起床。 私の起床時間は6時です。 夫がトイレと洗面をしている間に朝食の用意をします。 で、昨日も私が起きると夫はすでに洗面所に…。 ですが、ぺーちゃんが見当たりません。 いつもなら、私のお布団の上か横の押入れの中で寝ていて、私が起きるとぺーもノソノソと起きて来るのに…。 それにその朝は5時に 『お腹が空いたにゃーー』 と、ぺーに起こされているのです。  気になりながらも食事の用意を…。 
『ねえ、ペー 知らない?』
『知らないよ~、子どもの部屋にいるんじゃないか?』
そんなハズはないんだけれどなぁ…と思いながらも、次男の部屋を確認。 やっぱり居ません。 長男の部屋のドアもしっかりと閉まっているので中にぺーが居ない事は一目瞭然。 おかしいなぁ~~~。 まさかねぇ~、まさかよねぇ~、と思いながら、玄関のドアを開けてみました。
開けた途端に 『にゃーーーっ!!!』 と大きな声で鳴きながらぺーが飛び込んで来たのです!!
『ぺーちゃん、どうしたの!!』
…思うに、夫が新聞を取るためにドアを開けた時に、夫の足もとからスーーッとドアの外へ出てしまったのだと思います。 そしてそれに気が付かず夫はドアを閉めてしまった…

まだ薄暗く寒さも厳しい中、ぺーは1時間も玄関ドアの向こに居たのです!
。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。
『ぺーちゃん、ごめんね、ごめんね!』 と、抱き上げたら涙が出て来ました。
ぺーは、暖かいリビングへも行かずしばらくは廊下で放心状態…。
11-28-1.jpg

夫はぺーが外へ出た事にはまったく気が付かず、逆に
『いい教訓になったじゃないか!』
『…||||||||||||||(_ _。)ブルー||||||||||||||||…』

しばらくして夫が出勤するので、見送りに外に出てみたら…ビックリ!
玄関ドアの横には次男の部屋のエアコンの室外機が設置されていて、その上に植木鉢を置いているのですが、その一つが下に落ちてひっくり返っています。 たぶん、ぺーが部屋の中に戻して欲しくてこの室外機の上に乗り、次男の部屋の窓に向かって必死に鳴いていたのでしょうね。 窓もカリカリしたのだと思うのですが、次男は全く気が付かなかったようです。
11-28-3.jpg

そして、玄関ドアの前には、剥がれ落ちたぺーの爪が幾つもありました。 きっとドアもカリカリしていたのでしょうね。 本当に可哀そうな事をしてしまいました
11-28-4.jpg

臆病者のぺーは、どんなにか恐ろしく悲しかった事でしょう。 胸が痛みます…。
不幸中の幸いだった事は、外に出たぺーが、そのまま何処かに行ってしまわなかった事です。 それと角部屋の我が家の前はどなたも通らない事も幸いしていた事と思います。 見知らぬ人が近づいて来たらそれだけで何処かに逃げて行ってしまったかもしれません…。
『ぺーちゃん、本当にごめんね!』
夫を送り出してリビングに戻ってみると…ヾ(@>▽<@)ノぶぁっはははっははは♪
ぺーちゃん、すっかり安心したのか、ホットカーペットの上で凄まじい姿で爆睡しておりました
11-28-6.jpg

『あれ以来、ぺーがボクの事を避けているような気がする…』
『当たり前よねっ!!』 と、私は心の中で叫んでおります( ̄∇ ̄)イヒッ♪





  ★よろしかったらクリックして応援して下さいね★
にほんブログ村 猫ブログ MIX茶猫へ  にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ    bana3.gif



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。